正月三日の

<お餅つきをする人>と<お餅を反す人> に分かれます。
<お餅つきをする人>は上下に叩く動作を歌の一部始終リズムを変えずに行います。
お餅をつく人のリズムが変わりますので、まどわされないように一定を保ってください。
<お餅を反す人>は、 「正月3日の餅つきは」までは、お餅をつく人と同じリズムで左右手のひらを上下に叩きます。
「ぺったんこ ぺったんこ ぺったんぺったんぺったんこ」では上方部の手を、お餅つきをしている人の下(餅と臼)になっている方の手のひらを叩きます。
「おっこねて おっこねて おっこねおっこねおっこねて 」では、餅をこね回すイメージで自分の片手をいれ1回転させます。
「とっついて とっついて とっついとっついとっついて」では、お餅つきをしている人の下(餅と臼)になっている方の手のひらを叩きますが、「ぺったんこ」の時とは逆で手の甲側の指等がつくようにおこないます。



・正月三日の餅つきは、ぺったんこ
ぺったんこ ぺったんこ ぺったん ぺったん ぺったこ
おっこねて おっこねて おっこね おっこね おっこねて
とっついて とっついて とっつい とっつい とっついて
しゃん しゃん しゃんしゃんしゃん しゃんしゃんしゃんしゃんしゃんしゃんしゃん